退去のときにもメリットがあります

居抜きオフィスと原状回復

居抜きオフィスを簡単に説明すると、以前入居していた契約者が残していった設備等をそのまま引き継いで入居することです。
設備や什器をそのまま継承できるので、似通った業務内容であれば新たに揃える物品が減り、出費を削減できる可能性があります。
退去側も破棄費用を減らせるので、入居者と退去者ともにお得感があります。
ただし、全ての物を引き継げるとは限りませんし、足りない物は当然買い足す必要があります。
予め内覧しておいて買い足す物、破棄する物を確認しておきましょう。
そして居抜き物件で、トラブルになる可能性がある事例を説明しておきます。
それは原状回復工事費用です。移転等で退去する際この費用を請求されると思います。
しかし例えば「居抜きで借りたのに自分が入居する前の状態に復帰する」と言われたら?
原状回復工事義務は、借りた当時の状態に戻すものです。
本来は必要以上の請求に見えますが、契約書の内容次第では問題ない可能性があります。
あるいは、「原状回復工事の費用を請求されたが、実際には居抜きで次の入居者に引き渡された」とい事例もあります。
その場合もやはり契約書の内容が重要です。
自分が退去する時のことは考えにくいですが、契約書はちゃんと確認しておきましょう。
この様にリスクもありますが、メリットはそれ以上にあります。
オフィスを借りる際は居抜きオフィスを選択肢に入れてみましょう。

退去をする際も楽です

契約をする際にお金がかかりにくいのが居抜きオフィスのメリットです。必要な設備が整っているので備品を購入する必要が無くお金がかかりにくいので探している人は大勢います。契約をする際の事に注目をしている人がほとんどですが、退去する際もお金がかからないのでさらに魅力があります。退去をする際は原状回復をしないといけません。これは借りている人が行うべき当然の事になりますが、居抜きオフィスの場合は原状回復の手間がありません。掃除をして綺麗な状態で返すのは契約者として当然ですが、中にある備品はそのまま置いていけます。

仕事に必要な備品が無いので自分で購入をして使用していた分は撤去しないといけませんが、その他の物は拭いたりするだけで良いのでオフィス移動のような大掛かりな作業は避けられます。数日前から退去する準備をしないといけないのが一般的なオフィスですが、居抜きオフィスの場合は退去する前日まで仕事ができます。その分仕事でも成果をあげられるので会社のためにもなります。退去のメリットを知らないままで契約をしていても最終的には気がつきますが、最初から把握できていた方が居抜きオフィスを借りる魅力がさらに分かります。

choices article