なぜ居抜きオフィスはコストを抑えられるのか?

内装工事費削減を期待できる居抜きオフィス

新規でオフィスを開業するときは、内装工事のコストが気になります。新しくオフィスを開業するならしかたないかもしれませんが、内装工事のコストはできるだけ削減したいはずです。それなら、居抜きオフィスに着目するのはどうでしょうか?

居抜きオフィスは、前の状態のままオフィスが残っています。本来ならそれは嬉しくないことかもしれませんが、そのまま利用できるなら話は違ってきます。何より内装工事のコストを削減することができますので、あまりお金をかけなくても新規でオフィスを開業できます。最初の内は違和感を抱くかもしれませんが、しばらく働いていれば慣れてしまいます。それなら居抜きオフィスでも何ら問題はありませんし、ちょっと手直しすれば十分独自のオフィスとして使用できます。

また、オフィス移転で引越しをする際にも、居抜きオフィスならすんなりと引越ししやすいです。いろいろと設備が残されていますから手間をかけずに引越しを終えられますので、なるべく余計なことに手間をかけたくない企業にとってはオフィスの移転先を居抜きオフィスにしたほうが都合は良いです。居抜きオフィスは探せばいくらでもありますし、居抜きオフィスにこだわって開業や移転を検討してみてもいいのではないでしょうか?

コストを抑えられる居抜きオフィス

カフェやラーメン屋さんなどの飲食店が入っていた物件に全オーナーの使っていた設備を残したままお店をはじめられる居抜き物件、飲食店の場合は厨房機器やカウンターなどの設備投資が少なくて済むなどのメリットがありますがオフィスの場合はどうでしょうか。
まず居抜きオフィスの場合は前もオフィスとして使っていたこともあり内装が綺麗な状態が多く、またシンプルな内装なことも多く一面のみ壁面の色を変えたりインテリアコーディネートで自社のオリジナリティある内装にするのも容易でコストも少なくすみます。
事務椅子、デスク、ホワイトボードなどが残っている場合も多く、パソコンやプリンターなどを入れれば仕事によってはそのまますぐに業務開始できます。
電話やインターネットの配線工事も電話線やLANのジャックがそのまま残って通信会社と契約し線を繋いだり無線LANをとばせばすぐに使えるようになったりします。配線工事もゼロから始めると結構考えないと難しいですしコストもかかります。
現代はクラウドワークやノマドワークなどの言葉があるようにインターネットを利用し最小限の設備を揃え、時に設備をシェアして仕事をして行く時代なのである程度基本的な設備が整った状態の居抜きオフィスはコストが非常に抑えられ時代にあった好物件として活用されていると思います。

choices article